gold medalist myself

未来のために今するべきこと

アルバイトの不満を抱いている人、結構多いのが現状です。いくらアルバイトでも責任ある仕事を任される事もあります。

 

でもあまり責任を背負い込まない方が良い時もあります。だって正社員じゃなくあくまでアルバイトですから。給料面から言っても、アルバイトは正社員よりも低いのは当然です。

 

 

それなのに責任のある仕事ばかり任されて、身体的にも精神的にも追い込まれてしまう・・・そんなの不条理ですよね。

 

 

こんな時はまず上司に相談というか、文句を言って良いと思います。それでも聞き入れてもらえない時は?

 

 

それならいっそ辞めちゃうのも手です。こんなことを言ってはいけないかもしれませんが、アルバイトは正社員よりも辞めやすい立場と言えるでしょう。ですから自分に合わないと感じたら、次のステップへ行くために辞めるということも選択肢の1つかもしれません。

 

 

誤解を招くといけないので言いますが、嫌になったらすぐ辞めましょうと誘っている訳ではありませんよ!せっかく始めたバイトですし、ある程度踏ん張るのは当然です。雇ってくれた側にも失礼ですから。簡単に辞めまくるとクセになり、単に仕事が続かない人になってしまいます。

 

 

そんな人が将来正社員で働くのは厳しいかもしれません。例えバイトで怒られたとしても、まずは改善を図って頑張ってみる。そこで道が開けて、バイトの遣り甲斐を見いだせるかもしれません。

 

 

 

それでもどうしてもバイト先での自分が置かれている立場が不条理だと思う場合、他のバイト先を探して辞めるのも一つの選択肢です。精神を病んでまでバイトする必要はありません。自分に合うバイトって、いくつかやってみないと分からないものです。

 

 

人と接するバイトが良いと思っていたが、案外個々でコツコツ行う作業の方が合っていたという事もあります。様々なバイトを経験するのも良い事だと思います。

 

 

まずは日雇いなど短期バイトで様々な仕事を経験してみてはいかがでしょうか?

 

携帯ショップで働いたことありますか?

以前携帯ショップでアルバイトをしたことがあるのですが、あまりのきつさに辞めてしまいました。

 

最初は形態の契約の説明をするだけだと甘く見ていましたが、そんなに甘いものではありませんでした。

 

一度携帯ショップで働いていた友達からは、辞めた方がいいと説得されたのですが、携帯好きで知識にも自信があったために働いてみましたが、それは安易な考えでした。

 

 

携帯ショップでの仕事はもちろん新規契約や機種の変更、携帯・スマホの説明などが主です。

 

 

バイトを始めた最初のうちは変な客が来ることもなくスムーズでしたが、数日後には何件か変な客、いわゆるクレーマーがくるようになってから事態は一変しました。携帯を変更したけど、使い方が分からないからと数時間も居座って操作を説明したり、私が働く前に契約した人なのですが、契約の内容が気にいらないと詰めよったり、契約の内容の説明を受けていないと大声をあげたりなど、挙げればきりがないくらい多くの問題が発生しました。

 

 

 

契約の段階では間違いなく、説明を受けたとのサインをもらっているのですが、やはりたいして聞いていないみたいですし、さっさとサインだけしてしまう人も多く、そういった人がたくさん来店されました。

 

 

契約書のサインを見せるものの、そんなものでは納得いきませんし、挙句の果てにはこちらの説明が悪かったと罵られる始末です。最初のうちは我慢していましたが、だんだん腹が立ってきて、ぞんざいな態度で接客してしまうこともありました。何度も社員の人には注意されましたが。

 

 

 

もともと気が短い方なので、理不尽な事で怒られるのには慣れていないため、どうしても態度に出てしまいました。結局このままだといつか客と大喧嘩してしまうそうなので、自分から辞めることにしました。特に引きとめられなかったのは笑えましたけど・・・携帯ショップでのバイトは相当の覚悟が要ります。

 

 

 

携帯の知識も大事ですが、いかに相手を納得させられるか、理不尽な事で怒られても平気なくらい強い精神力がなければとても勤まらないと思います。私はもう二度と携帯ショップのバイトはしないと心に誓いました(笑)

 

在宅ワークの魅力

在宅ワークが不思議ではなくなってきた近年、外へ出てアルバイトするくらいなら家でお金を稼ぐ!と、在宅ワークにチャレンジする人が増えています。

 

確かに副業の場合、本業にバレるリスクを背負いながら外でアルバイトするのは精神的にも疲れます。主婦がバイトにチャレンジしたくても、小さな子供がいると自由が利きません。それなら自宅でお小遣い程度の稼ぎからスタートしようかな?この考えは誰でも持ち得ると思います。

 

 

そしていざ在宅ワークに乗り出したは良いけれど、予想以上に仕事に集中できないという現実にぶち当たる事が多いです。本業が終わってからだから疲れが取れない、子供がまとわりついて仕事どころではない、1度の休憩の筈が、そのまま誘惑に負け仕事から脱線してしまう。

 

仕事の効率化を図れず、ついには在宅ワークを断念してしまうのです。確かにアルバイトの方が、オンとオフの切り替えが容易です。まずはメリハリのポイントを抑え、在宅ワークを効率よく進める様にしましょう。

 

朝から行動

在宅ワークを始めると、どうしても夜中まで作業して次の日遅く起きるという、遅寝遅起きのルーティンが身についてしまいがちです。在宅ワーク専門の人ならそれでも良いですが、今回はあくまでバイト程度の稼ぎが目標です。朝はなるべく早く起き、一日のリズムを掴んで集中できる環境作りに気を使いましょう。本業である仕事や子育て、学業などに集中する事は、在宅ワークを長く続ける秘訣でもあります。

 

集中できる“仕事場”を確保

このスペースに入ったら仕事モード、ここから出たらプライベート空間と、区画決めをするのは良い事です。子供部屋や寝室などにパソコンを持ち込んで仕事をするのはNG。一見そこまで頑張って仕事をしている人みたいに見えるかもしれませんが、出来る人はダラダラ仕事はしないのです。

 

定期的に休憩で気分転換する

集中力を高める為には、適度な休憩も必要です。一般的に集中できる長さは50分程度なので、その都度休憩をとるのが理想的です。

 

食生活は乱さない

在宅ワークで恐ろしいのが“ながら食い”“お菓子が主食”といった食生活です。職場とは違い1人ですから、誰にも見られず不摂生な食事をしている場合があります。子供がいれば子供と一緒に栄養価の高い食事をする事が多いですが、1人身の副業となればそうもいきません。自分1人の為に食事を作るのが面倒なら、ドライフルーツやナッツにヨーグルトを加えて食べる、コンビニ弁当でも和食を心掛けるなど、工夫しましょう。

 

自分でしっかりとメリハリをつければ、自分の部屋が会社以上に快適なオフィス空間に変わると思います。ちょっとワクワクしてきますね。